オオクワガタ用産卵木販売
採卵方法 オオクワガタ等産卵木販売 ヤマモファーム
 採卵は、材質、状態、温度、湿度管理が結果を、左右します。
 難航不落な虫への挑戦、大型固体、美形固体作出への道のりは遠く
 いろいろ課題も多いのが現状です。感とセンスを活かし、
 皆さんも拘りをもって鍬形飼育を楽しまれては如何でしょうか!
 近年、輸入緩和によってさまざまなクワガタ虫が輸入されました。標高差・平野部・山間部・環境・食性の違いから
  枯木の樹上部・根部・埋深木など住み分けの違いがあります。これらを念頭において累代飼育をします。
 国産オオクワ、ホペイ、クルビデンス系に使用するにはやや固めの(持って重めの材、切り口に爪をたて後が残る)材を使用し
  加水後、半日程風通しの良い場所にて陰干ししてください。
  樹皮を剥き、(樹皮は剥いても剥かなくても結構です)マットを4〜5センチ敷き詰めたケージに2〜3本並べ、
  (マットに、動かない程度に埋め込む)成虫ペアをケージに放したらセット完了です。
  週に1、2度霧吹きにて加水し、乾燥に注意します。
 オオヒラタ、ノコギリ系に使用するにはやや柔かめの(持って軽めの材、切り口に爪をたてかるく入る)材を使用し
  加水後、半日程風投資の良い場所にて陰干ししてください。
  柔かめの材は加水に注意し又マットからの水分過多に注意が必要です。
  樹皮を剥き、(樹皮は剥いても剥かなくても結構です)醗酵マットを4〜5センチ程硬めに敷き詰めたケージに2〜3並べ、
  (マットに、隠れるほど埋め込む・材の半分埋め込む)交尾済み♀成虫を放したらセット完了です。
  週に1,2度霧吹きにて加水し、乾燥に注意します。
● ランプリマ他色虫系、小型ノコギリ系は小ケースでも飼育が可能です
  小さな虫は余計な体力を消耗させる事が無いように柔かく小経材を埋め込み、出来たなら樹皮を剥いでセットした方が良いでしょう。
● ケージの蒸れ、コバエの進入を避けるためには、ケージと蓋の間に新聞紙や小穴の開いたビニール等を挟み対策を取ります。
■粘菌、病害虫の無い虫に適した材を選択します
 大型種には大きな材小型種には小さ目な材が良いでしょう!
 自分の飼育スペースに見合った選択をしている方もおられます。
 国産オオクワ、ホペイ、クルビデンス系に使用する材は、(まだ芯の残るやや固めの材
 持って重めの材、切り口に爪をたてグッと押して後が残る)を使用します。
 オオヒラタ系,、ノコギリクワガタは、(やや柔か目の
 持って軽めの材、切り口に爪がかるく入る)材を使用します。
■産卵木の加水
 材を並べケージに水を張り、鍋蓋代わりに水の入ったケージを載せ、複数本加水する場合は
 立てる様にセットします。国産オオクワ、ホペイ、クルビデンスは30分〜1時間程加水します。
 オオヒラタ系,、ノコギリクワガタは柔らか目の材を使用しますので
 加水過多に注意をしながら加水します。
 材を埋めてしまう場合はマットより水分を吸水してしまうので加水時間に注意ください。
 加水時に幼虫の糞やトレハロースを水に溶いて吸水させる方法も有ります。

■水きり作業
 1時間〜半日程風通しの良い場所にて陰干しをします。
 水切り時間は材の硬さ、加水時間等で調整をします。
 水切なのであまり神経質に成る事はありません。
 荒目の網上に材を立掛けて水の切れるのを待ちます。

■国産・ホペイの基本敵なセット方法です。
 材はまだ芯の残るやや固めの材を用意します。
 (樹皮を剥き、樹皮は剥いても剥かなくても結構です)
 マットを4〜5センチ敷き詰めたケージに2〜3本入れます。
 (マット上に、動かない程度に埋め込む)
 ゼリーを入れ、成虫ペアをケージに放したらセット完了です。
 材、マットが乾いてきたら霧吹きで加水してあげましょう!

■国産、ホペイ、ヒラタ、ノコギリの基本敵なセット方法です。
 材の二分の一程度マットに埋め込んだ例です。
 年中25〜27℃の気温を維持できる環境であれば年中産卵が可能です。
 グランディス・ホペイなど冬場加温しても産卵行動を起こさない虫もいます。
 体内時計がはっきりしているのでしょう!
 尚、♂♀の性成熟に気おつけましょう。
■国産、ホペイ、ヒラタ、クルビ他基本敵なセット方法です。
 週に1〜2度様子を見て霧吹きで水分調整し、乾燥に注意します。
 水分過多にも気お付けましょう。国産オオは乾燥気味の方が失敗が少ないでしょう。
 又、虫種によって多湿を好む種もあるので虫に合う環境をつくってあげましょう。



■ヒラタ、ノコギリ向きなセット方法です。
 柔かめの材は吸水が速く、加水過多に成りがちになりますのでご注意ください。
 樹皮は剥いた方が結果が良いでしょう。マットに材を全て埋め込んでしまう方は、 
 マットからの 水分の 進入に注意して加水をします。 マットにも産卵しますので
 醗酵マットを底から 4〜5cm程固詰し、 材を並べマットで被います。 隠れ家、
 転倒防止に樹皮を敷き、材の上部を露出させて潜る足掛りをつくっても良いでしょう。
 材を浅く齧り産卵するもの、材とマットの間、ケース側面にも産卵します。 孵化し、
 あまりほおって置くと幼虫同士の 共食いや♀成虫が幼虫を食べてしまうので注意が必要です。

■ドルクス、ヒラタ他マルチなセット方法です。
 醗酵マットに材を縦に並べた例です
 元々樹木は立っているものなんですよね!材の上部を露出させて潜る足掛りをつくります。
 国産は、材に大きな穴を開け、壁面に産座を設け産卵行動をおこします。
 ノコギリなどは、自身で環境を整えてから材、マットに産卵行動をおこします。
 
■小型ノコギリ系、産卵困難種セット方法です。
 ノコギリ、ヒラタ系は 国産オオとは 食性の異なる虫の為、醗酵マットを使用します。
 難航不落な虫や初めて飼育する虫に試してはいかがでしょうか!

 4〜5cm程硬くマットを詰め、材→マットと段ちに並べます。
 
柔かい小経材を使用し、材のコンディションを確認しながら、レイアウトを決めていきます。
 上下の水分変化をつけるのもよいでしょう。
■小型ノコギリ系、色虫系セット方法です。
 ノコギリ、ヒラタ系は 国産オオとは食性の異なる虫の為、醗酵マットを使用します。
 難航不落な虫や初めて飼育する虫に試してはいかがですか!

 4〜5cm程硬くマットを詰め、材→マットと段ちに並べます。
 柔かい小経材を使用し、材のコンディションを確認しながら、レイアウトを決めていきます。
 1段目をマットに2段目を露出させても良いでしょう。


■小ケース用産卵木
 小型種専用の細め軟材5〜7センチカット材です。
 縦横にセットしました。虫に材の選択をさせる事がだいじです。
 ランプリマ他色虫系、小型ノコ用セットの例です。小さな虫は余計な体力を消耗させる事が無いように
 柔かい小経材を埋め込み、出来たなら樹皮を剥いでセットした方が良いでしょう。

■ミニケース用産卵木
 小型種専用の細め軟材5〜7センチカット材です。
 ランプリマ他色虫系、小型ノコ用セットの例です。小さな虫は余計な体力を消耗させる事が無いように
 柔かく小経材を埋め込み、出来たなら樹皮を剥いでセットした方が良いです。
 虫種によりマット上に置く、埋め込んだり工夫して産卵行動を促してください。



産卵木販売・ 成虫販売・ 幼虫販売・ 材への拘り・ お問い合わせ
  オオクワガタなどの産卵木販売ヤマモファームtopページに戻る